秋山歯科医院で実際に行った、矯正治療の一部をご紹介いたします。
このページに載っていない矯正治療でも対応いたしますので、
歯並びに関するお悩みや疑問点は、悪化を防ぐためにもなるべくお早めにご相談ください。

不正咬合の種類

不正咬合とは、歯並びや噛み合わせが悪い状態のことです。
見た目に影響が出るだけでなく、歯みがきが十分に行き届かず虫歯になりやすくなります。
不正咬合には下記のように様々な種類に分類されます。

  • 反対咬合(受け口)反対咬合(受け口)

    反対咬合(受け口)

    下の歯が上の歯より前に出て、咬み合わせが逆になっています。

  • 上顎前突(出っ歯)上顎前突(出っ歯)

    上顎前突(出っ歯)

    上の歯が大きく前に出て、前歯同士がかみ合っていません。

  • 開咬開咬

    開咬

    上下の歯がかみ合っておらず、歯がすいています。

  • 叢生(乱ぐい歯)叢生(乱ぐい歯)

    叢生(乱ぐい歯)

    歯がでこぼこに並んでいます。

矯正治療例

当院で治療させていただいたお子様の矯正治療の一例をご紹介します。お子様の歯並びや噛み合わせが気になる場合、悪化する前にお早めに治療を始められることをおすすめします。

  • CASE1CASE1
  • CASE2CASE2
  • CASE3CASE3